ETCの正しい使い方

ETC車載器も取り付けた、ETCカードも手元にある状態なら、ETCが使えるようになっています。

初めて使う場合は、少し不安もあるかもしれませんので、簡単にETCの正しい使い方をご紹介しておきます。

使用を誤ってETCレーンをうまく通過できなかったら大変ですからきちんとマスターしておきましょう。

【ETCカードで確認すること】

ETCカードをETC車載器に挿入する時に確認したいのは、ETCカードの有効期限が切れていないかを確認しましょう。

ETCカードを発行してもらったばかりなら大丈夫ですが、かなり前にETCカードだけを発行してもらっていて使っていなかったような場合は有効期限を確認しておきましょう。

有効期限も大丈夫だったら、ETC車載器にしっかりカードを挿入してください。

【ETCレーンで気をつけること】

ETCを使うのであれば、ETCレーンを通過することになるのですが、レーンの信号が赤になっていないか気をつけてください。

もし赤なら通過できません。

また、ETCレーンを通過する時には、必ず時速20km以下で通過するようにします。

減速して通過しないと開閉バーが開きませんし、事故の恐れもあります。

もし入口を通過した時にエラー車載器から通知があれば、出口は係員がいる一般レーンを利用しましょう。

【その他に注意すること】

もし出口で開閉バーが開かなかったら、慌ててバックしてしまいがちですが、絶対にバックしないでください。

後続車に追突される危険があります。

レーンにインターフォンがありますので、それで係員を呼ぶようにしましょう。

ETCは便利なシステムなのですが、一つ間違えば事故につながります。

正しく使って快適なドライブをしましょう。

コメントは受け付けていません。

Filed under セットアップについて

Comments are closed.